転職を考えている人へ

転職を考えている人へ

私も実は転職組みで、今いる会社は3社目です。
周りも転職している友達も多く、いろんな話を聞きます。その中で話しをまとめると、以下のような傾向がありました。

・ハロワにある仕事は、本当にロクな仕事がない。ほとんどがブラック。
・昔と違って今は転職しても年俸アップは望めない。
・50歳台ですが、転職しても本当に雇ってくれる所がない(実績はたくさんある人なのですが)
・ハロワのブラック転職で体を壊した人が、コネを使って契約社員みたいな感じで高年収の転職に成功。
・建築業界の友達、もう他なんて転職できる場所はない。
・同じ会社の連れが最近転職、1万以上の会社の社員から20名くらいの社員のベンチャーに転職、ある意味冒険。
・同じ会社の連れが最近転職、1万以上の会社の社員から100名くらいの会社に転職。給料は下がったとのこと

以上のような感じで、みんな苦労をしているようです。
私が転職していた時代は、2000年と2001年くらいですので、まだ今の時代よりは敷居は低かったかもしれません。私が面接の時にアピールしたのは以下の通り。

・仕事以外にも、システム開発が好きな自分をアピールするため、仕事外でサーバーを構築してアプリ構築して色々と検証している自分をアピール。

・自分が好きだからという理由で資格取得をアピール。(なぜその分野が好きで、自分が何をやりたいからその資格を勉強している、という所まで説明できればベター)

・外資系の会社だったが、面談当時はTOEICは300点台という悲惨な状態だったが、その点数は言わずに英語は好きなので色々と勉強している旨をアピール。

・自分の欠点を理解した上で説明、そしてその欠点を克服するために今何をやっているかをアピール。

以上で簡単に外資大企業に合格しました。当時は基準は確かに緩かったという事実もありますが、まずは前向きな自分をアピールし、マイナス部分は正直に話すのではなく前向きに答えることが重要と考えます。

また、自分の欠点を理解した上で前向きに克服の話をできる人は意外に少ないように思えます。

面接をする人は、ちゃんと自分のことを理解してこれからの変化に対応できるかどうかを見る傾向があります。少し足りないスキルがあれば、それは研修をすれば済む話です。やはり最終的に判断されるポイントは、自分で自分を理解して、改善するために自分で行動しているかどうかに尽きると思います。

これから転職を考えている方々へ、まずは自分の分析は済んでいますか?ちゃんと面接官への回答は準備が済んでいますか?

 

 

 

 



トラックバックURL

http://www.mobile-smarter.com/884/trackback


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。